オレはひとりで美喰倶楽部

美しく暴飲暴食。 昨日の嫌いは今日の好き。逆も然り。

札幌市

いつかは47都道府県を食べ飲み制覇したいと思いつつ行動範囲のせまい、ワタクシ的・食の記録。主にワインと日本酒とカレー。

カウンター席が三席だけの♪@たけ江鮨

北海道二日目の朝。

昨日よりも気温が低く、雪が降っている。

日曜日ながら営業している二条市場まで徒歩で移動。

明治から続く市場とのことでかなり老朽化した場内。

思ったより人が多く大半がアジア系の観光客。

カニやウニを売っているお店、あるいはその場で頂ける厚岸産の牡蠣などを眺めながら食堂を物色。

ほとんどのお店が海鮮丼を売りにしている中、一軒だけ寿司屋さんを発見。


IMG_9490

外観からど渋の『たけ江鮨』さん。

なんとカウンター席が三席のみ!

暖簾とカウンターの間には扉が無く外気がなかなかに寒い(笑)

それでもこういうお店がタイプなので入店。

アルコールはあるのかないのか判らんかったけどとりあえず朝ごはんなのでお茶で。

メニューはにぎりのセットが、おまかせ・特上・松・竹とあり、他には海鮮丼もあった。

気分的に単品でオーダーしたかったので対象に確認したら構わないとのこと。


IMG_9475
「ぼたん海老」


さっそくオーダー。

目の前のネタケースに見事なぼたん海老があったのでまずはそれから。

甘味たっぷりプリプリぼたん海老。


IMG_9476
「うに」


シャーベットのようなバフンウニ。

口の中で溶けてゆく。


IMG_9477
「ほたて貝」


次はほたて貝。

甘くて旨い。


IMG_9478
「サーモン」


実はあんまり好きではないサーモン。

色が綺麗なので食べて見るかって感じで注文。

臭みが少なくて悪くないね。


IMG_9479
「いか」


いかが旨い。

この艶よ。


IMG_9480
「いくら」


そして、いくらも。

プチプチ。


IMG_9481
「まぐろとろ」


最後はとろで締める。

脂たっぷりとろける旨さ。


お手ごろな価格で美味しくいただけるのがありがたい。

こういう飾らないお店もええもんです。

ちなみに久しぶりに日本のお客さんが来たと、大将。



たけ江鮨
北海道札幌市中央区南3条東1丁目8 二条市場内
TEL 011-251-5362
8:00-17:00
不定休


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

昆布だしの旨味♪@おでん処 わんらうんど

IMG_9445

札幌の夜、三軒目のお店は知り合いに紹介してもらったおでん屋さんへ。

すすきののど真ん中にある『わんらうんど』さん。

ビルの地下にあったけど迷うことなくすぐに見つけられた。


IMG_9465
北海道増毛郡増毛町の蔵、国稀酒造㈱「国稀酒造 佳撰」


まずは日本酒をおひとつ。

日本最北の酒造の国稀を熱燗で。

昼に飲んだのも同じ銘柄やったけど、このお酒のちょうど良さ加減が気に入ったので。


IMG_9450

お猪口は好きなのを選べるスタイル。

これ結構重要やと思う。


FullSizeRender
「お通し」


熱燗をちびちびと呑んでいるとお通しが登場。

切り干し大根、玉子焼き、オクラと、酒の肴としてええ感じ。


FullSizeRender
「お通し 2」


続いてまたお通しの続きが登場。

こんにゃくとタラコを和えたもの。

これ旨いなぁ。


IMG_9451
「お通し 3」


なんとまだ出てくるやん。

インカのめざめのポテトサラダ。

これめっちゃ美味やん。

噂には聞いてたけどがっつりと出てきたのには圧倒された(笑)


IMG_9464
北海道札幌市の蔵、日本清酒㈱「清酒 千歳鶴 」


熱燗をおかわりで。

札幌の地元ではおなじみの千歳鶴。

ごくごく一般的なこのお酒も関西では見かけることはほとんどないなぁ。


FullSizeRender

そして、ようやくおでんにたどり着く(笑)

ときめきのおでん。

澄んだおだしが美しい。


FullSizeRender
「ふき、きくらげ、大根」


まずはふきとキクラゲと大根をチョイス。

北の大地も春の訪れの予感。


IMG_9456

きくらげのぷるんとした食感がめっちゃええ感じ。

そして昆布の効いたおだしが上品でめっちゃ美味しい。

もちろんふきも大根もよく味がしゅんでいる。


FullSizeRender
「木綿豆腐、つぶ貝」


おでんをおかわりで。

木綿豆腐とつぶ貝を。

これまたええ感じに味が馴染んで旨いねぇ。


おっとそろそろ店を閉める時間ですって。

愛想のいいママさんのおかげで楽しい時間をすごせたなぁ。

また次回北海道に来ることがあれば再訪したいなぁと思いつつお店を後にする。



おでん処 わんらうんど
北海道札幌市中央区南6条西3丁目 おおたビルB1F
TEL 011-513-1775
月-土 18:00-24:00(L.O. 23:00)
日曜 18:00-22:00(L.O. 21:00)
不定休


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

すすきのワインバーにて♪@自然派ワインのお店 ORgaLi

IMG_9442
すすきのにて。

軽くジンギスカンを食したあとの二軒目。

たまたま見つけたお店、自然派ワインのお店『ORgaRi』さんが気になり入店。

自然派ワインのお店ってどストライクな響きやね。


IMG_9468

そんなに広くはない店内には約300種類のワインボトルが並ぶ。

毎日日替わりで10種類のグラスワインが楽しめるらしい。


IMG_9439

販売しているワインも世界のナチュラルワインを中心に、国産のワインも面白いボトルがずらり。※日本酒もあり。

中でも奥尻ワイナリーのソーヴィニヨン ・ブランや新潟のワイナリーのペティアンなどが気になって思わず6本を買ってしまった(笑)

全国発送対応してくれるのもありがたい。

ええ感じのお店やったなぁ。



自然派ワインのお店 ORgaLi(オーガリ)
北海道札幌市中央区南4条西5-10 第4藤井ビル1F
TEL 011-207-5200
月-木 15:00-23:00
金-土 15:00-24:00
定休日 日曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

ジンギスカン体験♪@成吉思汗 だるま 4・4二階亭

IMG_9442

ホテルにチェックインしたあと札幌の街をしばし散策。

寒いし、足元は滑るしで色々不慣れな体験をしたあと腹が減ったなぁと思いすすきのへ。

どこに行くかはあまり決めてなかったけどせっかくなんでジンギスカンを軽く食べようってことになった。


IMG_9433

街を歩いていたら偶然見つけた『成吉思汗 だるま』さん。

一階と二階に店舗がある。


IMG_9434

中に入ってみると一階の店内がめっちゃ混んでたので二階に上がる。


IMG_9432

二階も人が一杯で、移動してまた店を探すのも面倒なので我慢してならぶことにした。

待ち時間、約30分ほどでお客が回転し席に着く。

生ビールとジンギスカンの肉メニュー3種(ジンギスカン、上肉、ヒレ肉)をすべてオーダー。


FullSizeRender
「上肉」


上肉はロースと肩ロースとのこと。

かなりの肉厚でええ感じ。


FullSizeRender
「ヒレ肉」


脂の少ないヒレ肉。


FullSizeRender
「成吉思汗(ジンギスカン)」


そして定番のジンギスカン。

モモ、バラ、ロースや肩ロースのミックス。


IMG_9429

さっそく焼いていく。

専用のたれに備え付けのニンニクと唐辛子を自由にトッピング。


IMG_9431

このシンプルなスタイルで60年以上続いているという。

旨いと思う。

白米を食べているお客さんが多いのも納得。

そして何より安いというのが行列の理由かな?


長居無用、美味しいワインでも飲みに行こうっと。



成吉思汗 だるま 4・4二階亭
北海道札幌市中央区南4条西4丁目
TEL 011-551-8844
17:00-翌3:00(L.O. 2:30)
年中無休


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

北の大地のお寿司♪@金寿司

朝からPeachに乗って北海道へ。

新千歳空港から小一時間ほどで札幌を経由してバスセンター前駅に到着。

そこからがちょっと大変で、凍った雪道を歩くのに滑る、滑る(笑)


IMG_9412

駅から600mほどなので徒歩で5分もあれば到着のはずが、転倒に注意しながら歩いたので目的地に着くまで20分ほどかかった。

その目的地とは『金寿司』さん。


IMG_9413
IMG_9414

今回ご馳走になったもの。


FullSizeRender

外気はマイナス5℃。

こんなにも寒いとやっぱ熱燗やねぇ。

こちらの日本酒は増毛町の「国稀」。

日本最北に位置する蔵の国稀酒造さんの醸すお酒。

きりっとしていて食事にちょうど良し。


IMG_9387
「お通し」


まずはお通しから。


IMG_9388
「ほたてのヒモ」


帆立貝のヒモとごぼうを煮付けたもの。


IMG_9390
「ガリ」


そしてガリ。

甘酢で味付けしたもの(左)と塩漬けしたもの(右)の二種。

塩漬けのガリが珍しい。

生姜の辛さが引き立っていてめっちゃ美味しい。


さて、にぎりを。

オーダーしたのは「おかませ寿司 十六貫」(5,500円)。


IMG_9391
「ひらめ」


まずはひらめから。

程よい熟成感でもっちり。

シャリが旨い。

程好いかたさ、酢の味が強すぎないのでネタの味が引き立つ。


IMG_9392
「ほっき貝」


ほっき貝はさっと炙って。

食感と旨味が素晴らし。


IMG_9395
「ほたて貝」


三貫目はほたて貝。

このほたて、手裂きで開いてあって繊維を壊すことなくいただける。

あまりの美味しさに感動。


IMG_9396
「つぶ貝」


貝攻め三連チャンの最後はつぶ貝。

丁寧に包丁を入れてあって食べやすく、臭みも全く感じない。


IMG_9397
「ぶり」


ガラッと雰囲気を変えてお次はぶり。

軽く炙ったパターンは珍しいなぁと思いつつ、口に入れるとただただ旨い。


IMG_9398
「ずわいがに」


ここでずわいがにが登場。

綺麗な身。


IMG_9399
「まぐろ漬け」


漬けまぐろ。

これも珍しいスタイル。

表面を軽く炙った(さっと茹でた?)赤味を漬けにしたもの。

上品でとても旨い。


IMG_9400
「あじ」


あじ。

身の締まりが最高。

久しぶりに美味しいあじを食べた気がする。


IMG_9401
「中とろ」


ここで中とろ。

これも軽く炙りが入っている。

そして驚いたのが裏につぼ漬けを細かく刻んだものが仕込まれてあったこと。

これが不思議とばっちり味が決まっていて旨い。

再び感動を覚える。


IMG_9404
「うに」


うにもまた個性的なビジュアル。

シャリにくぼみをつけてそこにうにを埋め込んであった。

このうにがたまらんほど旨くて。


IMG_9405
「甘えびと素巻き 甘えびの塩辛と」


軍艦巻きの素巻きと甘えびのにぎり。

下には甘えびの味噌の塩辛が敷かれている。

これを塗りたくって食べる、ちょいとワイルドな食べ方。

そしてまたもや旨さに感動。


IMG_9402
「いくら」


一粒一粒がキラキラと輝いているいくら。

味、食感共に申し分なし。


IMG_9406
「かつおスモーク」


かつおは燻製で出てきた。

美しすぎる。


IMG_9407
「はりいか」


ただただ美味しい。


IMG_9408
「鱒の介」


鱒の介、マスノスケは北海道を強く実感。

鮮やかな色が美しい。


IMG_9409
「あなご」


最後はあなご。

ふわふわの食感。


気がつけば熱燗二合を三本飲んでしまった。

明日の昼過ぎには帰るのでペース配分をしっかりと調整しなきゃ。

さて、宿にチェックインしよ。



金寿司
北海道札幌市中央区北二条東7
TEL 011-221-2808
平日 11:30-15:00、17:00〜21:20
土曜 11:30-21:20
定休日 日曜
※月曜日が祝日の場合、日曜営業翌日休業


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
プロフィール

KNTRO

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
食のパトロール
人気ブログランキングTOP
食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
ブログマップ
Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ