オレはひとりで美喰倶楽部

美しく暴飲暴食。 昨日の嫌いは今日の好き。逆も然り。

フレンチ

いつかは47都道府県を食べ飲み制覇したいと思いつつ行動範囲のせまい、ワタクシ的・食の記録。主にワインと日本酒とカレー。

フレンチのおつまみとワイン♪@WINESTAND DAIGAKU

IMG_1591

IMG_1592

FullSizeRender
「ブランダード・モリュ&フォア・ド・モリュ」


塩ダラとジャガ芋のペースト&燻製タラの肝のオイル漬け。

ヨーロッパの料理を食べていて思うのは、タラの調理がほんまに絶妙やねぇ。


IMG_1589

IMG_1590

FullSizeRender
「アッシュパルマンティエ」


ひき肉の煮込みとジャガ芋のピュレを使ったグラタンみたいな料理。


FullSizeRender

IMG_1593

IMG_1599
「アルケミエ ファーストエッセンス オレンジ 2.5セック / Alchemiae First Essence Oranges 2.5sec」


蒸留器 : カブト釜蒸留器、銅製ポットスチル
ベーススピリッツ : 吟香露、グラッパ(フジマル醸造所メルロー粕)、ちこり焼酎
ボタニカル : 河内晩柑、柚子、邪払、文旦、ベルガモット、他13種ボタニカル
生産本数 : 560本


辰巳蒸留所製ジャパニーズ キュラソー第1弾。



WINESTAND DAIGAKU
大阪市中央区安土町1-5-7
平日 17:00-翌1:00
土曜 15:00-翌1:00
日曜 15:00-22:00
定休日 月曜日、第1・第3火曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

昼下がりのワイン♪@フレンチバル Le Pont

湊町寄り、道頓堀リバーサイドにあるフレンチバル『Le Pont』さんにお邪魔。

結構久しぶりの訪問やなぁ。


2017-10-07-14-42-55
南アフリカ「スレント シュナンブラン ソーヴィニヨンブラン」
Slent / Chenin Blanc Sauvignon Blanc



さっそく白ワインを一杯。

南アフリカのシュナンブラン ソーヴィニヨンブラン。

それぞれ55%と45%の割合だそうで飲み良い口当たり。


2017-10-07-14-36-15
「おまかせ前菜4種盛」


前菜はおまかせの4種。

・薄切バゲット タプナード乗せ
・プロヴァンス風(じゃがいもとハーブ入り)冷製オムレツ
・パプリカと根菜のピクルス
・スモークチキン


ひとつひとつが丁寧な仕込み。

スモークチキンやタプナードがめっちゃ好みの味で美味しい。


2017-10-07-15-18-21
イタリア「ピエロ マンチーニ ヴェルメンティーノ ディ サルデーニャ」
Piero Mancini / Vermentino Di Sardegna



ワインを変えて、今度はイタリアの白を。

ヴェルモンティーノらしい黄金色。

神の河みたい(笑)

酸味があって果実感たっぷりでこっちのほうが好み。


2017-10-07-15-07-09
「自家製オイルサーディン」


続いてのあてはオイルサーディン。

ローズマリーの香りが効いた美味しい一品。


2017-10-07-15-35-08
「薄切り豚ロース肉のコットレット」


お腹が空いてたのでガッツリ系を。

薄切り豚肉をパン粉でパリパリに揚げたナイス食感。

こりゃ赤が欲しくなるやつやねぇ。


2017-10-07-16-11-36
南アフリカ「スレント ピノタージュ シラーズ」
Slent  / Pinotage Shiraz



てことで、先ほど飲んだ南アフリカのスレントの赤を。

ピノタージュとシラーズってことやけど、南アフリカでシラーズって呼ぶの?って思ったり。


2017-10-07-16-27-32
「厚切りレンコンのチーズ焼」


あてをもう一品。

さくさくレンコンとチーズの相性がめっちゃええ感じ。

旨いなぁ、これ。

居心地良すぎてついつい長居してしまった。



フレンチバル Le Pont(ル・ポン)
大阪市浪速区湊町1-1-36
TEL 06-6211-0222
平日 17:00-24:00
土曜 12:00-23:00
日祝 12:00-22:00
定休日 月曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

ボリュームたっぷりビストロ♪@ラ・トォルトゥーガ

2016-12-08-01-44-37

本日いただいたもの。


2016-12-12-18-43-33

今夜は北浜のフレンチ『ラ・トォルトゥーガ』さんを予約してのディナー。


2016-12-07-19-20-57
「豚肉のリエット&カンパーニュ」


カンパーニュは『生瀬ヒュッテ』(旧店名『ブランジュリタケウチ』)さんのもの。


2016-12-07-19-38-45
フランス「ジェラール・シュレール ピノ・ブラン 2014」
Gerard Schuller / Pinot Blanc 2014



まずはアルザスのナチュールから。


2016-12-07-19-25-24
「イワシと野菜の重ね焼き “パヴェ”」


2016-12-07-19-35-34
「パテ・アンクルート」


2016-12-07-20-06-45
「エゾ鹿のクロケット」


2016-12-07-20-17-00
フランス「ロマン・セー オート・コート・ド・ボーヌ ルージュ サンスフル 2015」
Romaine C / Bourgone Hautes Cotes de Boaune 2015



生産者はロマン・シャピュイ氏。


2016-12-07-20-19-51
「ブーダン・ノワール(豚血入りソーセージ)」


2016-12-07-20-19-57
「トゥールーズ」


2016-12-07-20-20-28
「ニンニク風味」


2016-12-07-20-20-33
「ブーダン・ブラン」


2016-12-07-20-32-47
「ホタテ貝と穴子と野菜のグリエ」


2016-12-07-20-56-16
「信州黒豚と富士見ポークのココット煮」


2016-12-07-20-56-21



2016-12-07-21-06-10



2016-12-07-21-18-17
「羆の煮込み」



ラ・トォルトゥーガ La Tortuga
大阪市中央区高麗橋1-5-22
TEL 06-4706-7524
11:30-14:00、18:00-22:00(予約制)
定休日 日曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

カウンターフレンチで感動の連続♪@弘屋

3a3e2e2a3a3e2e2a3a3e2e2a

今夜はボクにしては珍しい、フレンチのディナー。

あらかじめ予約しておいた、北新地にあるカウンターフレンチのお店『弘屋』(こうや)さん。

店内はカウンター席のみで席数も8席という非常にこじんまりとしたお店。


2016-04-05-19-54-40
「シャンパーニュ・ド・バルフォンタルク ミレジム2002」
Champagne De Barfontarc 2002


まずは泡から。

バルフォンタルクの2002ヴィンテージ。

ピノ・ノワール60%、シャルドネ40%。


2016-04-05-19-48-03
グジェール


チーズの香りが豊かなグジェールから。

温かくてもっちり。


2016-04-05-19-52-37
「ホワイトアスパラの冷製ポタージュ 温泉卵とキャビア」


感嘆。

言葉が出ない。


2016-04-05-20-00-36
「ブッラータチーズとフルーツ」


金柑めちゃ美味しい。

ブッラータはモッツァレラのなかに生クリームが入っているチーズ。


2016-04-05-20-02-21
「ライ麦パン」


香ばしいパンが登場。

堀江の人気のパン屋さん『Boulangerie P&B』のパンだそう。

ハードで酸味が効いていてめちゃ美味しい。


2016-04-05-20-20-21
「シラウオと行者にんにくのアヒージョ シラウオとトウガラシのペーストと」


フレンチのお店で食べるスパニッシュ。

シラウオと行者にんにくの組み合わせ。

ピリ辛のペーストがたまらまい。


2016-04-05-20-31-18
「岩牡蠣と島らっきょうのアイス」


立派なサイズの岩牡蠣に、なんと島らっきょうのアイスクリームがセット。

牡蠣の塩気と、島らっきょうの風味。

絶妙なマッチ。


2016-04-05-20-31-24
「雲丹と島らっきょうのアイス」


牡蠣が苦手な人用にと。

雲丹と島らっきょう、こちらも素晴らしい。


2016-04-05-20-39-09
「クレマン・クリュール ピノ・ブラン 2014」
Clément Klur / Pinot Blanc 2014



ボトルを1本。

アルザスのピノ・ブラン。


image

やや強めの酸と柑橘系の香り。

綺麗な色。


2016-04-05-20-51-55
「太刀魚のセビーチェ わさび菜敷いてパクチー乗せて」


わさび菜とパクチーで挟まれた太刀魚の脂の旨味。


2016-04-05-21-07-25
「ふきのとうのフリット カンコワイヨットと」


ふきのとうの苦味にカンコワイヨットのヨーグルトのような風味が相性抜群。


2016-04-05-21-24-11
「蛤とベーコンのなんちゃら」


蛤とベーコン。

料理名を失念。


2016-04-05-21-30-41
「パトリック・サリヴァン ラファーズ・レーン シラーズ」
Patrick Sullivan Laffers Lane Shiraz


オーストラリアの希少ワイン。

ボトルで。

お肉には赤。


2016-04-05-21-39-10
「猪肉と新玉葱 グリーンペッパーと天然塩と」


猪肉が登場。

グリーンペッパーと天然塩と。


2016-04-05-21-39-13

素晴らしいの一言。

新玉ねぎも甘くて旨い。


2016-04-05-21-44-28

絶妙な火入れ加減。

感動の旨さ。


2016-04-05-21-59-50
「アラビアータ」


パスタ料理もある。

ピリッと辛さを効かせたアラビアータソース。

アルデンテなゆで方とソースのからまりが抜群。


2016-04-05-22-12-12
「チーズリゾット」


締めはリゾット。

濃厚なチーズの香り。


2016-04-05-22-27-37
「クレインコンスタンシア ヴィンデコンスタンス 2005」


バータイム。

グラスでいただく。

南アフリカの甘口白。

ムスカデ・フロンティニャンというブドウ品種。


2016-04-05-22-29-54

琥珀色。

口に含むと衝撃!

こんな旨い甘口は初めての体験。


2016-04-05-22-27-42
「シャトー・ル・ムーラン 2005」
Chateau Le Moulin 2005


最後は泣く子も黙る?シャトー・ル・ムーラン。

多くを語るほどしらけそなので。


噂のカウンターフレンチ。

100点満点の感動でした。



弘屋(こうや)
大阪市北区堂島1-3-1 二葉ビル3F
TEL 06-6348-5455
平日 18:00-25:00(L.O.)
土曜 18:00-23:00(L.O.)
定休日 日祝


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

昼下がりのテラスワイン♪@フレンチバル Le Pont

2015-05-04-17-11-46

ちょいとミナミをぶらり。

こんな気持ちのええ天気の日にはテラスで昼飲みしたいなぁと思ってたところ、ふとフレンチバルを思い出す。

カジュアルなお店『Le Pont』、ルポンさん。


2015-05-04-15-55-25

まずはさわやかにスパークリングから。

太陽の下で飲むのは快感。

ちょっと曇ってるけど。


2015-05-04-15-59-13
「前菜4種盛り」


前菜4種盛りはこんなにも豪華。

テリーヌ・ド・カンパーニュやプロヴァンス風冷製オムレツ、にんじんしりしりみたいなキャロット・ラペ、厚切りバゲットのタプナード(オリーブのペースト)。

めっちゃええ感じに旨い。


2015-05-04-16-18-45

おすすめの白ワインを注いでもらう。

きりっと辛口ですっきりなのが旨い。

時々川を通るブラスバンドがナイスなBGMで。


2015-05-04-16-08-05
「フランス産フォアグラのオムレツ」


フォアグラのオムレツ。

綺麗な巻き巻き。

めっちゃ旨いなぁ。


2015-05-04-16-53-33

ロゼと白をおかわり。

テラスで飲むワイン、結構酔うけど心地よし。

ほんまここはええお店やね。



フレンチバル Le Pont(ル・ポン)
大阪市浪速区湊町1-1-36
TEL 06-6211-0222
平日 17:00-24:00
土曜 12:00-23:00
日祝 12:00-22:00
定休日 月曜日


良かったら押してってね!


大阪万歳!応援クリック!
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

ついでにもひとつ!
 
プロフィール

KNTRO

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
食のパトロール
人気ブログランキングTOP
食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
ブログマップ
Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ