オレはひとりで美喰倶楽部

美しく暴飲暴食。 昨日の嫌いは今日の好き。逆も然り。

台湾料理

いつかは47都道府県を食べ飲み制覇したいと思いつつ行動範囲のせまい、ワタクシ的・食の記録。主にワインと日本酒とカレー。

干烹鶏カンポンチ♪@台湾小籠包

三連休の中日の今日は玉造の『CAFENOTO COFFEE』さんでまったりタイム。

ちょいと小腹が空いてきたなぁと16時過ぎ。

たまたまインスタ見てたら旨そうな小籠包の写真が。

台湾旅行中止の心の傷が癒えかけていたこのタイミングで『台湾小籠包』という屋号。

どこにあるのか調べてみたら桃谷ってことで今すぐレッツゴーってなって即移動。


2017-11-04-18-27-38

まだ17時になる前に『台湾小籠包』さんに到着。

カウンター席8席のみのこじんまりした店内。

台湾出身のママさんが一人で営んでいるそう。


2017-11-04-18-27-41

メニューを見てる感じでは向かって右側が台湾の料理、左側が万人受けの中華料理といった感じ。


さっそく瓶ビールをオーダー。

さくっと乾杯してから、ママさん激プッシュの小籠包と水餃子をオーダー。

蒸し器に小籠包をセットし、水餃子をゆで始める。


2017-11-04-17-15-09
「小籠包」


まずは小籠包から。

ふわふわもちもちの小籠包。

食べ方までレクチャーされて(笑)

何もつけずにそのままいただく。

これがめっちゃええ感じ。

たいぺいで食べたのと比べてもそん色なし、いやそれ以上かも。


2017-11-04-17-18-52
「水餃子」


そして水餃子。

こちらももっちもち。

旨いなぁ、ここ。


2017-11-04-17-15-05
「滷肉」


ビールを飲みながら滷肉というのをオーダー。

滷肉は豚肉のことらしい。

簡単に言えばチャーシューやね。

これもちょうどええ味付け。


2017-11-04-17-46-01
「干烹鶏」


そして一番気になったメニューがこちら。

カンポンチって読むそうだ。

この料理は台湾にもない、ママさんの家庭料理だそう。

ママさんの幼少のころから家で食べてた味でパッと見は酢豚のよう。

実際は鶏肉を使用。

もちもちの衣を付けて揚げた鶏肉に胡椒と唐辛子を効かせたあんを絡めた一品。

これが絶品!

旨すぎるし素晴しすぎる!


2017-11-04-18-16-30
「魯肉飯」


その余韻とともに締めの魯肉飯(ルーローファン)をオーダー。

これも本場の味。

日本でこんなに旨い魯肉飯を食べたことがない。

台湾以上に美味しいという人もいるみたい。


残った干烹鶏のあんを持って帰って豆腐と湯を足してレンチンしたら美味しいよーって言われたのでありがたく持ち帰る。

桃谷では年内12/30まで営業し、場所を今川に移転しての来春3月に営業再会とのこと。



台湾小籠包
大阪市生野区桃谷2-28-15
TEL 06-4981-4919
11:00-15:00、16:30-22:00
定休日 火曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

アジアフェア2017にて麵線♪@阪急うめだ本店

アジアフェア2017 | 阪急うめだ本店

阪急うめだ本店にて開催中の『アジアフェア2017』に立ち寄り。


2017-07-20-14-18-33

ちょいと遅めの昼食に選んだのは台湾の麺線。

わかりやすいように台湾そうめんというネーミングをつけているけど、麺線は麺線。

現地価格のおそらく3~4倍くらいのお値段やけどあまり日本で食べられる機会も少ないので。

詳細はよく判らないけど、台湾の台中市の『涼師父』という夜市のお店の麺線を、西中島の『一路發(イロハ)』という台湾料理店が提供しているそうだ。


image

レジ前で台湾そうめん、つまり大腸麺線をオーダーしキャッシュオン。


2017-07-20-14-21-24

紙の容器は現地で使っているものそのまま。


2017-07-20-14-21-27

かつおだしが効いていて、味付けはちょっと濃いめ。

でも本場の味って感じでほっとする美味しさ。

豚の白モツ(大腸)もブリブリと入っていて食べ応え有りやね。


台湾の麺線、なんでこうも旨いんやろ。

期間中、もう一度食べたいなぁと思ったり。



クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

自宅で魯肉飯♪@家ごはん


2016-08-27-10-37-05
「魯肉飯」


無印良品からごはんにかけるルーロー飯って商品名で発売されてるのを見て思わず購入。

試しに器に開けてみたら現地のと全然雰囲気が違うなぁと思って自分で豚肉を細かくカットしたりしてご飯に乗せてみた。

八角の香りとか雰囲気は確かにあるねんけどやっぱり味もなんか違う(笑)

普通に美味しいねんけど1袋380円とは少々お高め。



クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

庶民の胃袋を満たす鶏料理♪@施福建・好吃雞肉

雙城美食一條街をあとにして、MRT西門駅に移動。

駅から北西に10分ほど歩くと街並みが道具屋街に変わっていく。

徐々に若者や観光客が少なくなっていくエリア。




そんな場所に『施福建・好吃雞肉』というお店がある。

旅行前からチェックしていた鶏肉の専門店。

見るからに地元に愛されている食堂的な雰囲気でおっさん率高し(笑)




混雑した店内、何とか相席で着席してメニューを眺める。

メニューは、ボイルした骨付き鶏肉と鶏油飯と下水湯のみ。

おひとり様一食70元なり(約224円)。




事前の下調べによるとオーダーしなくても勝手に料理が運ばれて来るって話だったのでしばらく人間観察。

まあまあ汚い店内、ただ鶏肉を食らうだけの空間はなんだかストイックさを感じる。




料理が運ばれてきた。※鶏肉は二人前。

タレのかかった鶏肉、タレのかかったごはん、具のない下水湯。

何とシンプルなことでしょう(笑)




でも、この鶏肉がめっちゃ美味しくてびっくり!

歯応えのある鶏肉は、噛めば噛むほどに旨味が増す。

とろりとした甘辛いタレもええ感じ。

これを鶏油飯に乗せて一緒に食べるこの幸せさ。

ビックリするくらいシンプルな食べ方やけど流行ってる理由がわかるなぁ。

下水湯は、大きな薬缶が置かれていてお代わり自由の汲み放題。


観光地では味わえない庶民の日常。

こういう雰囲気、好きやわぁ。



施福建・好吃雞肉
台北市萬華區環河南路一段25巷2號
TEL 02-2388-3817
11:00-18:00
定休日 日曜日


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

牛スジとハチノスの牛肉麺♪@牛棚

麺線を食べたあと雙城美食一條街周辺をぶらり街歩き。

まだお腹が空いてたので気になるお店があれば入ろうって感じで。




そうこうしている内に牛肉麺のお店を発見。

お店の名前は『牛棚』。




台湾といえば牛肉麺も定番のひとつ。

それに水餃子もメニューにあったのでここに決めた。


店内に入ると店の片隅で店のおっちゃんが水餃子を包む作業中。


テーブルに置いてあった伝票にオーダーを記入しておっちゃんに渡す。

オーダーしたのは牛スジとハチノスが入った紅焼牛肉麺の小サイズと手工水餃(水餃子)。

スープ(茄汁(トマトスープ)か紅焼(醤油ベース))と麺(細麺か刀切麺)はそれぞれ選択可能。


「紅焼半筋半牛麺(細麺)


今回は紅焼スープと細麺で。

豆板醤、八角の効いたスープ、青梗菜とネギ入り。

小サイズでも日本の一人前の量はある。

これで110元(約352円)。




柔らかくなるまで煮込まれたハチノスがごろり。

ボリュームたっぷり。




麺は細麺、日本の麺よりも白っぽい。

豆板醤と八角が効いたスープは好みが分かれると思うけど、個人的には全く抵抗がない。

しっかりとコクのある牛骨スープのパンチと、それに負けない具材、素朴な麺とスープがからみ合っていて抜群に美味しい。



「手工水餃」


そして水餃子。

黒酢、醤油、ラー油でいただく。

もっちもちの皮と肉汁がジュワッと出る餡が旨味たっぷり。

昨夜食べた水餃子よりもこっちのほうが断然うまいと思う。


下調べしないで飛び込みで入ったお店が当たりやったときってめっちゃ嬉しいやん。

店のおっちゃんの愛想も良かったし。
 


牛棚
台北市中山區雙城街10巷7號
TEL 02-2586-9396


クリックして満腹


おかわりクリック
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
食のパトロール
人気ブログランキングTOP
食べログランキング
食べログ グルメブログランキング
ブログマップ
Twitter
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ