image

今夜は約4年ぶりの訪問、一時間ほど前に電話で予約を取って十三にある『十三すし屋台』さんへ。


2015-08-28-19-50-17
南アフリカ「ウィリアム ロバートソン シュナンブラン 2014」
William Robertson  / Chenin Blanc 2014


日本酒か白ワインかで悩むところやったけどハシゴする予定なので安全策でワインをボトルで。



十三 すし屋台


おおきに


こっちもまいど
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
2015-08-28-18-44-34
「厚岸生秋刀魚 漁師風刺身」


まずはお造りから注文。

北海道の厚岸産の秋刀魚だそうで。

見事なひかり具合、脂がよく乗っていてめっちゃ旨いね。


2015-08-28-18-44-58
「引下の漬け刺身」


続いて引下、ひっさげのまぐろを漬けにしたもの。

これもめっちゃきれいやなぁ。

漬かり過ぎていないのがええ感じ。


さて、にぎりをいただく。


2015-08-28-19-09-15
「白身旨み〆」


まずは白身から。

白身は鯛。

鯛を昆布締めにしたものをカツオと和えたシャリと合わせていた。

旨いね。


2015-08-28-19-08-12
「煮たこ」


煮たこ。

たこはやっぱり外せない(笑)

ちょうどええ煮具合、柔らかくてええ感じ。


2015-08-28-19-13-02
「塩水うに」


北海道の礼文、利尻あたりのうに。

塩水に浸されたままのうには柔らかくてとろける旨さ。


2015-08-28-19-23-40
「活け赤貝」


赤貝も実に旨かったなぁ。


2015-08-28-19-28-13
「炙うなぎ」


うなぎ。

これも外さずにオーダーするね。


2015-08-28-19-28-41
「貝柱」


貝柱も間違いなし。


2015-08-28-19-30-08
2015-08-28-19-29-58
「ぼたんえび」


ぷりぷりで甘くて旨味が最高。

味噌の旨味もしっかりと堪能。


2015-08-28-19-34-25
「大とろ炙り 自家製にんにく醤油漬け」


大とろは炙ったあと20分だけ漬けにしているそうだ。

見た目は牛肉にしか見えない(笑)

脂がひつこくなくて何たる旨さ!


2015-08-28-19-53-41
「穴子一本」


穴子一本をぐるり。

これもたまらんね。


2015-08-28-19-58-50
「山わさび」


そろそろフィナーレに向かう。

山わさびのツンと鼻に突き刺さる辛味がなんともたまらん。


2015-08-28-19-55-19
「芽ねぎ」


芽ねぎもめっちゃ美味。

こういうネタがあるのってめっちゃナイスやと思う。


2015-08-28-19-59-04
「泉州水なす」


最後は水なすのにぎり。

もう言うことなし。


2015-08-28-19-54-31
「玉赤」


最後に玉赤(ぎょくあか)を流し込む。

赤だしに半熟玉子、アサリでもアラでもなく玉子ってところが渋いね。


やっぱり旨かったなぁ、このお店は。

ごちそうさまでした。


さて、ミナミへ出よう。



十三 すし屋台
大阪市淀川区十三本町1-23-4
TEL 06-6390-0639
17:30~23:30
不定休


良かったら押してってね!


大阪万歳!応援クリック!
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

ついでにもひとつ!